【次世代】大ブレイクまでは秒読み!?

今ダントツでお勧めする女優は昨年の7月までアイドルとしても活動していた、ショートヘアーと眉毛が特徴的な「葵わかなさん」です。

 

私が最初に見たのは東京海上日動の下のCMです。

 


東京海上日動 CM 「思う:チーム・エキスパート」篇 葵わかな - YouTube

 

CMは、思春期の女の子が毎朝学校まで父親に送ってもらうもので、娘が卒業式の日に父親に感謝をするという内容はとても男心に響く作品です。時の流れを表す中でヘッドホンをするわかなさんは、ほれぼれしてしまいます。こんな子が学生時代にいたら一目惚れしてますね(笑)。

 

恋愛映画「陽だまりの彼女」では上野樹里さん演じる渡来真緒の中学時代を演じ、話題をよびました。

 

演技をするにあたって役作りをしっかりするようで「陽だまりの彼女」についてのインタビューでは、

葵わかな「私、妹がいるんですけど、妹を観察してみて、妹にセリフを言ってもらったりして、だんだん真緒をイメージできるようになりました。」

(ツイナビインタビュー: 北村匠海、葵わかな、三木孝浩 インタビュー 映画『陽だまりの彼女』 ツイナビインタビュー Vol.28 もうひとつの『陽だまりの彼女』— 15歳のリアル - )

 

また、「プラスアクト」のインタビューでは

――来年の春には、『瀬戸内海賊物語』も公開ですね。

葵わかな「これは私が中学2年生の時に撮影したんですけど、小学6年生の役だったんですよ」

――小学生と中学生は大きい年齢差だったのでは?

葵わかな「はい(笑)。演技をする時は、妹にセリフを言ってもらって反応を観察してました。おもちゃをもらった時どんな反応するんだ?とか。あとは、妹の友達が家に遊びにきたら、その友達をじーっと見ていたり(笑)。」

 (+act :葵わかな|INTERVIEW|プラス アクト

 

(リハーサルについての質問で)

葵わかな「上野(樹里)さんの演技を見させて頂く時に、上野さんのしぐさの研究もしました。こういう動きをされるなと思ったら、メモを残して。ちょっとストーカーみたいでなんですけど(笑)。あとは、上野さんのしゃべり方を真似してみたり…」

(+act :葵わかな|INTERVIEW|プラス アクト

 

人間の行動・表情にこだわるなど大人顔負けの努力家。

そんな、わかなさんの夢は「柴咲コウさん」とのことで女優と共に歌手としても活動したいと言うこと。

 

音楽に関しては、最初でも触れたように最近までアイドル活動をしていました。そのグループは「乙女新党」という日本テレビ系列で放送されていた「ようこそ!東池袋ヒマワリ荘」からできたユニットでした。今は乙女新党を卒業し、ソロとして所属のスターダストが主催するイベントなどで歌と踊りを披露しているそうです。

歌唱力・演技力ともにあり、抜群の才能を持つ彼女は多くの作品に出演しています。ここ2年だけでも8つのドラマに出演し、2作の映画に出演した。来年公開のものが3本あり、「暗殺教室」に関してはネット上でニュース記事になっているほどです。

 

個人的には、朝ドラ主演も秒読み段階ではないかと思っています。

 

わかなさんが芸能界に興味を持ったのは「クイズ ヘキサゴン」(フジテレビ系)みて、「でてみたい」と思ったことがきっかけとのこと。そのため最近では、バラエティ番組「してみるテレビ」(フジテレビ系)で準レギュラーとして出演するなど、活動は多岐にわたります。

 

あの南海キャンディーズ山里亮太さんもブレイクを期待しているということでここ2,3年で国民的に有名になってもおかしくありません。今後の活躍から目が離せません。

 

オフィシャルブログ:わかな的な日常